虫歯の基本的な治療法は、虫歯菌に冒された部分を削ること。虫歯の進行にともない、歯を削る量は多くなります。ひどくなると根管治療や抜歯が必要となります。そのため、虫歯は早めの治療が大切。痛みが出てからではなく、お口の中に違和感があれば、できるだけお早めに歯科医院へご相談ください。

 

虫歯が大きくて「要抜歯」と診断された歯でも、患歯に矯正的な挺出(引っ張り出す)や外科的な挺出、歯冠伸長術を行うことで抜歯を避け、患歯の保存を期待できることがあります。また複根歯であれば、部分的に保存できることもあります。
根尖病変や歯周病の場合も、外科的なものを含めた根管治療や、歯周外科手術を含めた歯周治療を行うことで抜歯を回避できる可能性のある症例があります。
可能性のある限りあきらめずに歯を残す為の治療をしたいと思います。

歯科で使う麻酔の手技としては、表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、歯根膜麻酔、髄腔内麻酔が挙げられます。麻酔はどこにしても同じように効くというものではありません。
部位による解剖学的な違いや神経の状態によって効き具合は違うものです。
状況に応じて上記の麻酔法を組み合わせることにより的確に麻酔を奏効させることが出来ます。また、最初に針をどこにどのように刺すのか、薬液をどこに注入するのか、注入する速度や薬液の温度などによっても麻酔の痛みは違います。 歯を削られる時の痛みは耐えがたいものですからね、痛みがない良く効く麻酔を致しますので安心してください!

​〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1マークシティウエスト5F