​気になる銀歯を白い歯に

保険の虫歯治療では、削った部分を補うために金属の詰め物や被せ物などの補綴(ほてつ)物を装着します。いわゆる銀歯と呼ばれるこの金属は、白い歯が並ぶお口の中で目立ってしまい、その見た目を気にする方は少なくありません。また、歯科用レジンというプラスチックの詰め物もありますが、劣化や変色がある素材です。

当院では、自然で美しい輝きを持つセラミックを使った審美歯科治療を推奨しています。セラミックは変色もなく耐久性が高いことに加え、金属不使用のため金属アレルギーの心配がある方にも安心してお使いいただけます。歯の見た目にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。ご希望に合ったご提案をさせていただきます。

​安全性を第一に考えた審美歯科治療

マークシティ酒井歯科室では、安定性を重視した審美歯科治療を行っています。ここでいう安定性とは、正しい咬み合わせに配慮することはもちろん、見た目にも不自然にならないことを指しています。

どんなに素材が美しくても、ご自身の周囲の歯や歯ぐきの色と合わないほどの白さは逆効果。幸い、セラミックなどの審美歯科素材は色調を調整できますので、見た目が自然で健康的な補綴物をお作りできます。また、咬み合わせが悪いと、片側で咬むクセが出たり、それによって骨格に歪みが生じたりすることがあります。両院のいずれも、こういった細部まで配慮した審美歯科治療を行っていますので、安心してご来院ください。

​美しい補綴物もメインテナンス次第

一度虫歯になった歯は、再発の可能性が高くなります。メンテナンスがしっかりできず、補綴物に汚れが付着したり細菌が入り込んだりすると、せっかくいい素材を選んでいても再治療が必要になることがあるのです。美しく健康な口元をキープするためにも、治療後もメンテナンスのために予防歯科を受けることをおすすめします。

​〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1マークシティウエスト5F