担当医:笠崎 真悟

根管治療で治らない場合、抜歯ですか?

歯根端切除術によって歯を残せる可能性があります。

経験豊富な歯科医師が歯根端切除術によって

根管治療では完治できない症例にも対応しています。​

歯根端切除術とは、根管治療で治らない歯根先の病変に対して、外科的に

①根尖病巣の摘出 ②歯根端の切除 ③逆根管充填を行って抜歯しないで歯を残す方法です。

当院の特徴は、この手術に特化した専用器材を多くそろえ、再発例、下顎4.5.6番、上顎6番、大きい嚢胞、歯根が短い、歯根の横に穴が開いている、歯性上顎洞炎でも歯を残す、再植術などの難症例にも対応しています。

治療内容についてのご相談は電話では受け付けておりません。メールにてお尋ねください。

​​

当院での歯根端切除術の症例

症例​1 根管治療不良の原因は壊死セメント質であった

右上2番、歯茎の腫れと疼痛のため約6か月間にわたり根管治療をしたが、痛みが取れず当院を受診した。レントゲンで根尖病変の影を認め、病変内の歯根に注目すると縦に黒線が見られ、セメント象牙境の感染歯質を思わせる像である。当院にて歯根端切除術、嚢胞摘出術を行った。

 術中にやはり同部に壊死セメント質を認めたため、歯根先端を斜めに切除し、切断面にSB接着セメント(スーパーボンド)を広く接着充填し逆根管充填を行った。3週間後には全ての症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影はほぼ消え症状なく安定していた。この壊死セメント質が難治性根管治療の原因と考えられた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

歯根の外形線が粗造で凸凹で肥大。向かって右縦にセメント象牙境の黒線を認める。壊死セメント質の画像を示している。

症例​2  金属ポストが長いため歯根端切除術を選択した

右上1番、根管治療の適応だが金属ポストを除去する際に歯根破折リスクが高いと判断し、歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。症状は消失し経過良好で、9か月後には根尖病変の陰影は消失傾向である。症状なく安定しており経過観察中である。

​術前

歯根端切除術 直後

9か月後

症例​3 根管治療不良の原因は過剰根管充填材の腐敗であった

右上2番、2年前より歯茎の腫れとフィステル、排膿を認め、ネット検索して来院した。

(フィステルとは小さなオデキ様の膿の腫れで、嚢胞と細い管でつながっている)

当院にて歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。術中所見は、根尖部根管より充填材が突き出ており、除去すると根管内ボソボソで黒く腐敗していた。その後、症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え症状なく安定していた。​

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​4 根管治療不良は根尖の亀裂であった

左下1番、5か月前から歯茎の腫れと疼痛、フィステルが消失せず来院した。

歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。根尖切除後の切断面根管を見ると、充填材は黒く腐敗し一部亀裂がみられた。そのため亀裂を含むように4mm切断をした。症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え症状なく安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​5 再発した原因はMTAでの逆根管充填の封鎖不良と考えられる

右上1.2番、数か月前から歯茎の腫れとフィステル、排膿を認め来院した。当院にて再歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。

術中所見では、根尖部には黒くボソボソしたMTAセメントを認め、触ったらすぐに脱離した。逆根管の封鎖が不良で感染原因と考えられた。術後1か月、症状消失し経過良好で、6か月後には根尖病変の陰影は消え、症状なく安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

6か月後

症例​6 再発した原因は逆根管充填の不良と思われる

右上1番約8年前に歯根端切除術を行ったが、歯茎の腫れとフィステル、排膿を認め再発した。その後、大学病院歯科口腔外科にて再植術を行ったが、フィステルが出現し再再発。歯根が非常に短く、抜歯しかないと言われたがあきらめられず当院を受診した。

当院にて歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え、症状なく安定していた。​

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​7 根管不良の原因は亀裂であった

左下6番、根管治療をしたが、歯茎の腫れと疼痛が消失しない。歯を残すことを希望して来院した。当院にてレントゲンで病変のある後方歯根のみの歯根端切除術、嚢胞摘出術、SBセメントで逆根管充填を行った。​

術中所見で歯根先部に一部亀裂が認められたため、歯根先端を斜めに4mm切除した。その後、症状は消失し経過良好で1年後には根尖病変の陰影は消え症状なく完治し安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​8 根管不良の原因は2歯に渡る大きい歯根嚢胞と5番の根尖破壊であった。

隣在歯の歯髄温存治療を行った。

左下5.6番、5番の根管治療を行ったが、フィステルなどの症状は消失せず、抜歯を勧められたが放置。その後、某歯科大学口腔外科を受診、5番は抜歯、6番は根管治療と歯根端切除術を勧められたが、当院を受診した。レントゲンで左下5.6番の歯根に大きい病変の影を認めた。当院にて5番の根管治療、嚢胞摘出術、歯根端切除術、SBセメント逆根管充填を行った。6番は電気歯髄検査で神経は生きて正常だったので温存することにした。そのため嚢胞摘出は5番のみで、6番は歯の神経損傷を避けるため残した。病理検査は歯根嚢胞であった。

 その後、症状は消失し、1年後には根尖病変の影は消え経過良好であった。6番の神経は正常で根管治療することなく温存できた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​9 根管内の腐敗があった。

右上4番、歯茎の腫れとフィステル、排膿を認めたため来院した。当院にて歯根端切除術、嚢胞摘出術、SB接着セメントで逆根管充填を行った。

術中所見では、切断面の根管充填材は黒く変色し根管は腐敗していた。術後1か月、症状消失し経過良好で、10か月後には根尖病変の陰影は消え、症状なく安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

10か月後

​〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト5F