担当医:笠崎 真悟、笠崎 安則

根管治療で治らない場合、抜歯ですか?

あきらめないで歯を残す歯根端切除術があります。​

他院で「抜くしかない」と診断されてしまってもご相談ください。

経験豊富な歯科医師が歯根端切除術によって

根管治療では完治できない症例にも対応いたします。

歯根端切除術とは、歯根先の病巣に対して外科的に

①根尖病巣の摘出 ②根尖切除 ③逆根管充填を行って抜歯しないで歯を残す方法です。

当院ではこの手術に特化した専用器材を多くそろえ、再発例、難症例にも対応できます。全例にスーパーボンド逆根管充填をします。

笠崎真悟(常勤医)と笠崎安則(非常勤医)の二人体制で、歯根端切除術や再植術をして長期に経過を診ています。

笠崎真悟では、月・火・木・金・土で歯根端切除術の相談を受けていて、手術適応であれば約1ヶ月待ちで手術可能です。根管治療は保険内です。

​笠崎安則は、月に1回当院で歯根端切除術の手術を行っております。​

診療日・治療内容は

HP「歯根端切除術の相談コーナー」をご覧ください。

 

​他院で「根管治療が不良で抜歯するしかない」と言われてもあきらめないでご相談下さい。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

症例​1

右上2番目の歯(側切歯)の歯茎に腫れと圧痛、打診痛を認めた。数か月前に近歯科で根管治療をしたが、痛みが取れず、当院来院した。

レントゲン写真では歯根の先端部周囲に根尖病変を認めた。
当院にて歯根端切除術、スーパーボンドにて逆根管充填を行った。その後、症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え、症状も安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​2

右上1番目の歯(中切歯)の歯茎に腫れと痛みを認めた。近医にて根管治療を勧められたが、冠と土台を外す際に破折するリスクが高く、当院にて歯根端切除術を希望され来院。

レントゲン写真では太く長い金属のコアを認め、歯根の先端部周囲に根尖病変を認めた。
当院にて歯根端切除術、スーパーボンドにて逆根管充填を行った。

その後、症状は消失し経過良好で、4か月年後には根尖病変の陰影は消失傾向である。症状は安定しており、今後も経過観察予定である。

​術前

歯根端切除術 直後

4か月後

症例​3

右上2番目の歯(側切歯)の歯茎に腫れとフィステル、排膿を認めた。2年前より近医にて根管治療を行っていたが改善せず、歯根端切除術を勧められ当院に来院した。

レントゲン写真では太く長い金属のコアを認め、歯根の先端部周囲に根尖病変を認めた。
当院にて歯根端切除術、スーパーボンドにて逆根管充填を行った。

その後、症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え、症状も安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

症例​4

左下1番目の歯(中切歯)の歯茎に腫れとフィステル、排膿を認めた。5ヶ月前に近歯科で根管治療をしたが、痛みとフィステルが出現し当院来院した。
レントゲン写真では歯根の先端部周囲に根尖病変を認めた。
当院にて歯根端切除術、逆根管充填を行った。その後、症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え症状も安定していた。

症例​5

右上1,2番目の歯(中切歯と側切歯)の歯茎に腫れとフィステル、排膿を認めた。1年前に近医にて歯根端切除術を行ったが最近になってフィステルに気付いたとのこと。当院にて精査希望され来院した。

レントゲン写真では歯根の先端部周囲に根尖病変を認めた。

根尖部には黒くボソボソした完全硬化していないセメントを認め、すぐに脱離した。MTAセメントと思われた。

当院にて歯根端切除術、スーパーボンドにて逆根管充填を行った。

その後、症状は消失し経過良好で、6か月後には根尖病変の陰影は消え、症状も安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

​術前

歯根端切除術 直後

6か月後

症例​6

右上1番目の歯(中切歯)と右上2インプラント部の歯茎に腫れとフィステル、排膿を認めた。8年前に右上1の歯根端切除術を行ったが数年後にフィステル出現し再発した。その後大学病院歯科口腔外科にて右上1意図的再植術を行ったが、再度フィステルが出現し、抜歯しかないと言われたがあきらめられず当院を受診した。

レントゲン写真では歯根の先端部周囲に根尖病変を認め、歯根は短くなっていたが、動揺はわずかであった。

当院にて歯根端切除術、スーパーボンドにて逆根管充填を行った。

その後、症状は消失し経過良好で、5か月後には根尖病変の陰影は消え、症状も安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

5か月後

症例​7

左下奥から3番目の歯(前から6番目、第一大臼歯)の歯茎に腫れとフィステル、排膿を認めた。数年前、近歯科で根管治療をしたが、フィステル出現し、抜歯を勧められていたが、歯の保存を希望し当院来院した。
レントゲン写真では後方の歯根の周囲に広範囲に根尖病変を認めた。
当院にて遠心根のみの歯根端切除術、逆根管充填を行った。2週間後には症状は消失し経過良好で、1年後には根尖病変の陰影は消え症状も安定していた。

​術前

歯根端切除術 直後

1年後

​〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1マークシティウエスト5F